情報

ニンジン:特性と利点

ニンジン:特性と利点



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

人参、常に千の理由で賞賛されているので、この野菜が本当に効果的であると信じることは今では困難です。もしそうなら、それが実際に何であるか。にんじんについて行われた千の研究と合わせて、それが健康上の利点が非常に豊富であることが証明されていることを確認することができます。 ニンジンについての真実、 私たちはそれらを頻繁に食べるためにすべてをする最初の人になります、 新鮮ならもっと良く、私たちの庭からならもっと良く、 しかし、それでも頻繁に。

ニンジン:プロパティ

ニンジンの最もよく知られている特性は、 胃炎や赤痢を治療し、目の障害を予防します。明らかに、日焼けを促進することも最もよく知られていて最も高く評価されているものの1つですが、男性の生殖能力を改善する特性はあまり公表されていません。

しかし、この点に関して真剣な研究が行われており、私たちはそれを信じることができます:ニンジン 男性の生殖能力と精子の質を改善する: 一般的に、オレンジと黄色の果物と野菜、そしてメロンとサツマイモは、精子の質を高めることができるようです。

にんじんは食べただけでなく、他の用途で使われているうちに発見されたものです。当時の、 彼らは利尿作用と媚薬作用を持っていたので、ローマ人はそれらを栽培しました、 または中止するために「混合物」を準備するためにさえ、エジプト人はそれらを高く評価しました cicatrisantsのプロパティ。 中世に飛び込んで、私たちはニンジンが好きだとわかります 腎臓結石の自然治癒。

にんじん:メリット

にんじんの利点は終わりではなく、この野菜も 長寿命の秘薬、 明らかに、健康的なライフスタイル、スポーツと運動、バランスの取れた食事に関連している場合。彼らは魔法をしませんが、血中のアルファカロチンのレベルは死のリスクと逆に関連しているので、彼らは長く健康に生きるのを助けます。

すべての食べ物のように 抗酸化物質が豊富で、 カロチンは、ニンジンも早死を防ぐのに役立ちますが、子供時代に使用されているため、60歳以上の食品ではありません 小児肥満と戦う、 ブロッコリーとほうれん草を組み合わせたもの。

にんじん:栄養価

名前が示すようにニンジンは持っています ベータカロチンの含有量が高い、 カロテノイドの1つであり、体内でビタミンAに変換されます。これは、糖タンパク質の合成やその他の生物学的機能に不可欠ではないにしても重要です。ベータカロチンは多くの人に知られています 酸化防止剤 そしてそれはフリーラジカルの形成を打ち消すので、目に良く、日光に対する皮膚の感受性を低下させます。 日焼けが少ない!

にんじんはAにとどまらず、 ビタミンB、C、PP、DおよびE、 ミネラル塩も不足しておらず、その豊富さで際立っています。 カリウム、鉄、カルシウム、リン、マグネシウム、亜鉛。

にんじん:カロリー

ニンジンのすべての利点を望んでいるが、食事にどれだけのカロリーがかかるのか疑問に思っている人は誰ですか? ヘクトグラムあたり40Kcal。 それどころか、それらは高価な利益ではありません、そしてそれからそれは100gのニンジンで、生で味付けされていない、 90%は水でできています、炭水化物から7%、タンパク質から1%、食物繊維から約3%。本当に無視できる量の脂肪が残っています。

にんじん茹で

マジエート 生または調理済み、健康に良いですが、誰もがさまざまな料理の選択に従う利点に基づいて決定することができます。私たちが行くものなら 探しているのは料理に最適なベータカロチンです にんじんは、短時間の調理で体に吸収されやすいので、油を少しかけて味付けします。

にんじんを茹でて、あまり美味しくないものを思いついた場合は、鍋で焼いたものを選ぶことができますが、油を少しずつ垂らします。 ビタミンAは脂溶性です 良い脂肪と組み合わせるとよりよく吸収されます。
そうは言っても、メニューから生のニンジンを排除しないようにしましょう。彼らにもまた、魅力的な美徳があります。よくあることですが、交互に使うのが一番です。

生にんじん

ベータカロチンが私たちに「料理」を教えてくれるなら、いくつかのビタミンは ビタミンC、 彼らは「料理しないでください」と答えます。実際、熱に敏感であるため、調理すると劣化し、ニンジンを食べると意味がなくなります。生、彼らはピンジモニオだけでなく、 フレッシュジュースを準備する 自家製で遠心分離。フルーツジューサーのいくつかのアイデアについては、記事「遠心分離:見逃せない5つのレシピ“.

紫にんじん

にんじんの皮をよく言うなら、にんじんは定義上オレンジ色だとすると、色がたくさんあるので間違っています。:黄色、赤、白、黒、紫。 確かに、最初のものはオレンジではなく、エジプトで栽培されたスミレであり、 オランダの、 いくつかの遺伝子変異のおかげで、彼らはオレンジや支配者に敬意を表するために、今日私たちに馴染みのある色を手に入れました。

今日では、美的センスを超えて、特性が色によって異なるため、適切なニンジンを選択する必要があります。オレンジはそれらです ビタミンAが豊富、ポリフェノール、フラボノイド、アントシアニン、抗酸化剤の代わりにバイオレット。ルテインが豊富な黄色のものと、リコピンが豊富な赤いものがあります。 白人は優れた抗癌剤と見なされています。

野生のニンジン

今日、ニンジンは世界の半分、ほとんどどこでも栽培されていますが、 最初に「家畜化」したのは中東の人々でした、ローマ人とギリシャ人がそれを発見し、その貴重な財産を広める前でさえ。

当初、それらは成長せず、その後食べられませんでしたが、誰もがそのような硬い食べ物をむしゃむしゃ食べ始めるのはばかげていると思いました:それらを治療用調合の成分にするか、 動物のための飼料。この野菜を最初に歓迎したのは、当時のスペイン人でした。 カトリーヌ・ド・メディチ、それを食用野菜にし、徐々に美味しくて役に立つ材料として広めました。

にんじんエッセンシャルオイル

あまり知られていませんが、非常に効果的です。ニンジンの恩恵を受ける3番目の方法があります。にんじんの種のエッセンシャルオイル.

この記事が気に入ったら、Twitter、Facebook、Google +、Pinterestでもフォローしてください。

あなたが興味を持つかもしれない関連記事:

  • エンドウ豆:特性と栄養価
  • 秋に何を育てるのか
  • デトックススムージー
  • リン:食品
  • ビーガンバーガー:レシピ
  • カロテノイド:それらが見られる場所


ビデオ: 家庭菜園秋冬野菜にんじん ネコブセンチュウの悲劇 (八月 2022).