情報

Norsk Lundehund:子犬

Norsk Lundehund:子犬


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

Norsk Lundehund、 少なくとも専門家ではない人にとっては、もともとノルウェー出身で、これらの地域にのみ住んでいるほとんど知られていない犬です。スピッツタイプの犬のグループに属するものとして分類され、 長方形のボディ とても柔らかいマントで覆われています。この品種は、少なくとも自宅では、ツノメドリを狩るために常に使用されてきました。今日の標本のほとんどは ロフォーテン諸島などの北部の島々。 イタリアからは写真でしか見ることができず、その特徴を読んで愛撫します。

Norsk Lundehund:子犬

の子犬 Norsk Lundehund 彼らは、幼い頃からすでに発達した顎、顕著な停止、そして黒い鼻で終わる先細の鼻を持つ頭を持っています。明るい目はこれらの若い4本足の動物の活気を裏切っています、彼らは少し斜めで、 魅力的な黄褐色のアイリス。

の耳 Norsk Lundehund それらは三角形の形をしていて、非常に奇妙な特徴があります。パビリオンは、直角に前後に折りたたむように作られています。

この北欧の犬の標本の体は丈夫で長方形の体で、胸は広くて長いです。 エレガントで細身だが筋肉質なライン。尻尾は中くらいの長さでとても毛深いです。手足は丈夫で安定感があり、この犬に付随する楕円形の足は軽くて弾力性のある歩行を与えます。

NorskLundehund犬舎

この Norsk Lundehund イタリアでは飼育されておらず、特にこの品種を扱う構造はなく、ENCIによると標本は登録されていません。それは生まれ、すべての北の土地に残っているか、ほとんど、ツノメドリの狩猟に捧げられています フィヨルドの急な岩の間で。 その起源は非常に古く、何年にもわたって、それが生き続けている孤立にもかかわらず、友好的な犬であることを学びました。

NorskLundehundアレルギー

あなたはの場合にアレルギーについて聞くかもしれません Norsk Lundehund、 しかし、彼を邪魔するものは純粋にアレルギーではありません。結局のところ、実際には、この品種は1つに苦しんでいます 腸疾患(リンパ管拡張症)。関連する犬の交配のおかげでそれが発達したという事実に関連しています。

を扱うとき ツノメドリ、 それは非常に熟練しており、本物の捕食者ではなくレトリーバーのように振る舞います。トンネルに連れて行って羽を台無しにすることなく、この種の若者を生き返らせます。 巣があるところ。

Norsk Lundehund:キャラクター

これらの犬は人間にとって素晴らしい仲間であるため、彼らは島にとても愛着を持っているのは残念です。それを考えると奇妙に思えます 彼らは特に人口の多い地域に住んでいません、またはおそらくこれのために、彼はこの社交的な性質を開発しました。

彼は主人と仲良くして、他の犬との付き合いも大好きです。彼らは屋外を歩きますが、家でも元気です。特に家族と一緒にいることができれば、退屈なストレスから吠えながら、楽しんでいます。ツノメドリの狩猟は禁止されているので、今日は Norsk Lundehund 敏捷性、追跡、および 人と付き合ってください。

NorskLundehundの価格

の価格 Norsk Lundehund イタリアやヨーロッパの他の地域、またはほとんどに標本が存在しなかったため、到着していません。この品種の画像からでも最も目に飛び込む特徴の1つは、太くて丈夫な髪の毛です。 ソフトアンダーコート.

頭と手足の前部では、髪の毛は短く、弓がなくても首と尾に多くあります。色は色違いがありますが、必ず白と組み合わせる必要があります。がある Norsk Lundehund 子鹿や赤になりがちですが、灰色や白に黒い斑点があります。

この記事が気に入ったら、Twitter、Facebook、Google +、Pinterestでもフォローしてください。

あなたが興味を持つかもしれない関連記事:

  • 全ての 犬の品種:リストとカード
  • ランドシーア:キャラクターと価格


ビデオ: Modi the Norwegian Lundehund Rotary Gait (かもしれません 2022).