情報

スイスでは、家畜の権利が憲法に含まれていることが議論されています

スイスでは、家畜の権利が憲法に含まれていることが議論されています

スイスでは、動物、特に家畜の権利を憲法に含めることを求める議論が起こっています。また、「有機農業」基準を取り入れ、集中的な家畜に対する一般的なイニシアチブを考慮に入れようとしています。

連邦(エグゼクティブ)評議会は、人気のあるイニシアチブを研究しました。スイスでの集中的な農業はありません「そして、国の憲法に組み込む彼の意欲を示した」生産動物のための敬意を表する住宅”.

主張の中で、野外でのこれらの家畜の定期的な退出の義務的な性質と彼らの虐殺の間の敬意のある条件も要求されます。

スイスでの動物への配慮の例は、飼い猫の特定のケースと屋外へのアクセスです。国内には約150万人のこれらの動物のための特別なはしごがあります。

そこで彼らは自由、自律性、そして特定の猫の建築を持っています。カスタムメイドの階段とスロープは、猫がドアを開ける人に頼ることなく、猫が好きなように行き来できるように設計されています。

有機農業

連邦評議会はまた、いわゆる「」の憲法規範に組み込むことを求めた生態農業「、彼はそうすることにもっと消極的だったが」貿易協定と互換性がありません」そして一般化するのは難しい。

たとえば、イニシアチブの中で、豚の休息エリアを寝具で覆うことが要求されています。これにより、特定の研究によると、これらの動物の病気に対する抵抗力が向上します。

すべての請求とイニシアチブは、11月29日の四半期ごとの電話でレファレンダムに提出されます。


ビデオ: Ombres et lumières de la pensée japonaise daprès-guerre 2324 (九月 2021).