情報

地球上の森林破壊を相殺するドローン

地球上の森林破壊を相殺するドローン



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

ドローンを使用したこのテクノロジーにより、特定の地理的領域でプログラムされたルートに従って、種子を自動的に播種し、再植林することができます。

フラッシュフォレスト(稲妻の森またはFF)のヘキサコプテラドローン(6つのプロペラ付き)はすでに経験をしました。彼らは燃やされた畑の上を飛んで、この地域の鳥や他の動物の自然の生息地を回復するのを助けるために、地面で在来の針葉樹から種莢を発射しました。

これらの「ドローン」の容量は、10人が伝統的なスタイルで種をまく、つまり、シャベルで地面を掘り、穴に袋に入れて運ぶ種子を種をまく、種のさやを落とす、または小さなもので撃つという手作業に相当します。低い高さからの空気圧大砲。

これらのドローンは、私たちの惑星が毎年失う13,000百万本の木の一部を置き換えることを目的として、特定の地理的領域にわたってプログラムされたルートに従って自動的に種子を植えることができます。

この技術の準備が整うと、同社は1人のオペレーターが制御する「ドローン」の艦隊を使用して1日あたり100,000ポッドの木の種を植えることを最大の目標とします。

私たちの目標は、2028年までに10億本の木を植えることです。」 彼らのウェブサイトで目立つ。 「毎年、私たちの惑星は13,000百万本の木を失い、半分以下しか回復していません。私たちの目標は私たちの惑星の肺を癒すことです」、彼らは強調します。

気候変動に対して

ドローン会社FFにとって、木を植えることは、人間の行動によって大気中に放出され、地球の地球温度の上昇の原因となる二酸化炭素(CO2)を捕獲するための最も速く、最も安価な方法です。各木は年間約18キログラムのCO2を吸収し、FFのアイデアはこの環境への影響を逆転させることです。

森林破壊を修正し、再植林を促進する方法に取り組む方法は世界中で多くの試みがあり、新しい木を植える間、既存の森林を保護する必要がありますが、それはうまく機能しておらず、毎年何百万もの木が失われていますFFの共同創設者兼チーフストラテジーオフィサーであるAngeliqueAhlstromは言います。

Ahlstromは、「再植林ドローン」だけでは森林破壊の問題に取り組むことはできないと考えていますが、すでに失われている森林の一部を復元するのに役立ちます。

彼は、彼らが新しい技術を利用して生態系全体を回復し、世界的な再植林の速度を加速し、作物や森林火災があった地域に急速に木を植え替えると述べています。

2019年の夏以来、同社は、モミ、マツ、カエデ、白樺のさまざまな種類の何千もの種莢の自動植栽によって、カナダのさまざまな森林地域でいくつかのテストを実施し、3分で165本の植樹の記録に達しました。単一のドローンで、彼は指摘します。

自動植栽の仕組み

彼らが現場で作業を開始すると、FFはマッピング(マッピング)ドローンを送信してエリアを調査し、既存の土壌と植物に基づいて植えるのに最適な場所を特定します。

その後、ドローンの群れが種子のさやを地面に正確に落とし、混合物で包みます。これにより、種子は通常より数週間早く発芽し、水分を蓄え、苗木は生き残り、さらには成熟することができます。数ヶ月の干ばつで。

Ahlstrom氏によると、山岳地帯やマングローブ林では、ドローンは空気圧装置を使用してシードポッドを深く埋めて発射し、人間のプランターがアクセスできないより困難なエリアに植えることができます。

その後、同社は苗木の進行を追跡するために数ヶ月間定期的にドローンを送り、予想される量のCO2を吸収するのに十分な木が繁栄していない場合、彼らは同じ地域に戻ってさらに木を植え、目的を達成します。

制御されたプランテーション研究では、植えられた木の高い生存率が記録されており、Ahlstromによれば、FFはそれらを実際の環境で再現できることを望んでいます。

FFの戦略は、地元のシードバンクから入手した4〜8種の在来種を使用して、生物多様性を優先し、多数の木を植えて、苗木を生かしておくために人的労力を必要とせずに、自然に生き残ることができるようにすることです。 。

この技術により、最適な植栽場所を選択し、1ヘクタールあたり平均2,000本の植栽密度を実現できます。

トロント近郊とブリティッシュコロンビアでの現在の作業に続き、FFは2020年末までにハワイで30万本の木を植え始め、他の同様のプロジェクトがオーストラリア、コロンビア、マレーシアで計画されています。

木は炭素を効率的に貯蔵する前に10〜20年成長する必要があるため、今世紀半ばまでに気候変動の逆転に影響を与えるためには、大量に植えられ、できるだけ早く成長し始める必要があります。 FFによれば、現時点で可能であり、そのためにはドローン技術を使用することが絶対に必要です。


ビデオ: 縮小社会と生命倫理縮小社会研究会 in 岡山 縮小社会の必然性 松久寛 縮小社会研究会代表理事 (八月 2022).